③学習会のお知らせ

お早めにお電話ください

2/5の学習会チラシです。ご査収ください。宜しく
お願い申し上げます。
 TEL025-243-4894 市役所コールセンターへ電話申し込みです!

申し込みはコールセンター 025-243-4894

南区保健医療福祉のつながりを深める学習会 Part5 のご案内

平成28年8月吉日

関係者各位                          

南区保健医療福祉のつながりを深める会

代表 吉沢 浩志

南区社会福祉協議会

新潟市在宅医療・介護連携ステーション南

 

南区保健医療福祉のつながりを深める学習会 Part5 のご案内

12回 在宅医療推進のための多職種連携研修会

初春の候、ますます御健勝のこととお慶び申し上げます。

過去11回の学習会では、大勢の方々に参加いただき、とても有意義な学習会となりましたことを御礼申し上げます。

さて、当会第12回目の学習会ですが、医療・保健・介護・児童・障がい・行政など様々な専門職がお互いの役割を理解し、チームアプローチを展開しやすくすることで、誰もが住み慣れた南区で生活を継続できる『地域包括ケアの充実』を目的に、下記のとおり計画致しましたので、御案内させていただきます。尚、今回も学習会終了後に懇親の場を設けさせていただきました。更なるネットワーク構築の場として活用していただけると幸いです。

業務ご多忙の折と存じますが、大勢のご参加をお待ち致しております。

1.日  時   平成28年9月03日(土曜)13:30 ~ 17:00  

(会場受付 13:00~)

2.会  場   サルナート吉運堂 5階「万葉の間」

3.内  容 <基調講演>    13:40 ~ 14:00

「地域包括ケアシステムの植木鉢」それぞれの機能と予防について考える

講師 新潟県医師会 副会長 吉沢浩志先生           

<実践報告>   14:05~14:45 

  訪問看護ステーション 看護師  畠中昌美さん

  新潟市運動普及推進委員     西野伸治さん

  認知症専門デイサービス 相談員 磯部洋介さん 

<情報提供>   14:45~15:15 

  痩せすぎは健康寿命の危険信号 「食べること」で出来る介護予防

  福祉のつながりを深める会実践の歴史(報告)

  在宅医療・介護連携センターステーションについて(報告)

<グループワーク>15:35~

「住み慣れた南区で生活を継続するために、健康寿命を延ばそう」

~南区で地域包括ケアを充実させていくために予防が大切~

   

4.申 込 み   裏面にて8月24日(木曜)までにお申し込み下さい

5.定  員   会場の関係で、100名になり次第締め切らせていただきます。

参加できない方には連絡させていただきますので、ご了承ください。

6.そ の 他  学習会は参加費無料ですが、会終了後に予定しております懇親会に参加希望

の方は、会費4,500円をご持参下さい。

7.後   援 新潟市(予定)新潟県医師会(予定)新潟市医師会(予定)

 

 

 

 
  角丸四角形: 【問い合わせ先】事務局 
新潟白根総合病院 地域連携支援室
         電話 372-2191

 

 

FAX送信書

新潟市地域包括支援センターあじかた 行き FAX 372-5125

送付文不要です。このままお送り下さい。         8月24日(木曜)締め切り

 

南区保健医療福祉のつながりを深める学習会 Part5 

学習会参加申込書

 

所属機関名

 

連絡先(

 

氏  名

職  種

懇親会出席(〇×)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

       

 

 

平成28年9月03日

各位

南区保健医療福祉のつながりを深める会

新潟市南区社会福祉協議会

新潟市在宅医療・介護連携ステーション南

 

(案)南区保健医療福祉のつながりを深める学習会 Part5 

第12回 在宅医療推進のための多職種連携研修会 式次第

受付開始   13:00~

1 開会の挨拶 (13:30~)

会長 吉沢 浩志さん               

 

 

2 基 調 講 演 (13:40~14:00)

「地域包括ケアシステムの植木鉢」

~それぞれの機能と予防について考える~

講師 新潟県医師会 副会長 吉沢浩志先生

 

3 予防の視点から実践報告 14:0514:45

訪問看護ステーション看護師   畠中昌美さん

新潟市運動普及推進委員     西野伸治さん

認知症専門デイサービス相談員  磯部洋介さん

 

4 情 報 提 供 14:4515:15

  痩せすぎは健康寿命の危険信号 「食べること」で出来る介護予防 

アボットジャパン マルダニ麻斗さん

  福祉のつながりを深める会実践の歴史(報告)     

  在宅医療・介護連携センターステーションについて(報告)坂詰明広さん

 

15151535 休憩)

5 グループワーク 15:3516:40

「住み慣れた南区で生活を継続するために、健康寿命を延ばそう」

~南区で地域包括ケアを充実させていくために“予防”が大切~

 

6 閉会の挨拶          

南区保健医療福祉のつながりを深める学習会Part4のご案内

初春の候、ますます御健勝のこととお慶び申し上げます。 

過去10回の学習会では、大勢の方々に参加いただき、とても有意義な学習会となりましたことを御礼申し上げます。 

さて、当会第11回目の学習会ですが、医療・保健・介護・児童・障がい・行政など様々な専門職がお互いの役割を理解し、チームアプローチを展開しやすくすることで、誰もが住み慣れた南区で生活を継続できる『地域包括ケアシステムの構築』を目的に、下記のとおり計画致しましたので、御案内させていただきます。尚、今回は、学習会終了後に懇親の場を設けさせていただきました。更なるネットワーク構築の場として活用していただけると幸いです。

業務ご多忙の折と存じますが、大勢のご参加をお待ち致しております。

1.日  時   平成28年2月20日(土曜)13:30 ~ 17:00

(会場受付 13:00~)

2.会  場   サルナート吉運堂 5階「万葉の間」

3.内  容 <基調講演>    13:40 ~ 14:10

「(仮)南区支え合い仕組み作り会議(協議体)とケア会議について」

講師           調整中

<情報提供>   14:20~14:30

南区在宅療養安心ガイドブックについて

<事例説明>   14:30 ~14:35

<グループワーク>14:45~

「(仮)住み慣れた南区で生活を継続するために、南区の強みは、弱みは何か」

~南区で地域包括ケアシステムを構築していくために~

   

4.申 込 み   裏面にて月11日(木曜)までにお申し込み下さい 

 

5.定  員   会場の関係で、100名になり次第締め切らせていただきます。

参加できない方には連絡させていただきますので、ご了承ください。

6.そ の 他  学習会は参加費無料ですが、会終了後に予定しております懇親会に参加希望

の方は、会費4,500円をご持参下さい。

7.後   援 新潟市(予定)新潟県医師会(予定)新潟市医師会(予定)新潟県歯科医師会(予定)

新潟県薬剤師会(予定)新潟市薬剤師会(予定)新潟県看護協会(予定)

新潟県訪問看護ステーション協議会(予定)新潟県理学療法士会(予定)

新潟県作業療法士会(予定)新潟県言語聴覚士会(予定)新潟県介護福祉士会(予定)

新潟県社会福祉士会(予定)新潟県精神保健福祉士協会(予定)

新潟県医療ソーシャルワーカー協会(予定)新潟県介護老人保健施設協会(予定)

新潟県老人福祉施設協議会(予定)新潟県介護支援専門員協会(予定)

 
  角丸四角形: 【問い合わせ先】 事務局 白根健生病院 地域連携支援室          電話 372-2191

 

 

 


FAX送信書

新潟市地域包括支援センターあじかた 行き FAX 372-5125

送付文不要です。このままお送り下さい。         2月11日(木曜)締め切り

 

南区保健医療福祉のつながりを深める学習会 Part

学習会参加申込書 

 

所属機関名

 

連絡先( 

 

氏  名

職  種

懇親会出席(〇×)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

       

 

~在宅医療推進のための多職種連携研修会in南区Part3~

盛夏の候、ますます御健勝のこととお慶び申し上げます。

過去9回の学習会では、大勢の方々に参加いただき、とても有意義な学習会となりましたことを御礼申し上げます。

さて、当会第10回目の学習会ですが、医療・保健・介護・児童・障がい・行政など様々な専門職がお互いの役割を理解し、チームアプローチを展開しやすくすることで、誰もが住み慣れた南区で生活を継続できる『地域包括ケアシステムの構築』を目的に、下記のとおり計画致しましたので、御案内させていただきます。

尚、今回は、学習会終了後に懇親の場を設けさせていただきました。更なるネットワーク構築の場として活用していただけると幸いです。

業務ご多忙の折と存じますが、大勢のご参加をお待ち致しております。
 

1.日  時   平成27年9月19日(土曜)14:00 ~ 17:00   

(会場受付 13:30~)

2.会  場   サルナート吉運堂 5階「万葉の間」

3.内  容 <基調講演> 1400 1500

「(仮)新潟市が推進する地域包括ケアシステムの方向性」

講師  新潟市参事 地域包括ケア推進担当 仁多見 浩 氏

<シンポジウム> 1500 1600

「南区の地域包括ケアシステム構築に向けて」

①「思いやりネット」     大通地区コミュニティ協議会 鞠子副会長

②「子どもの貧困」      南区健康福祉課保護係 中村CW

③「医療と介護の連携」    吉沢医院 吉沢医師

④「障がい者を取り巻く状況」 南区肢体不自由児父母の会 渋川会長

<グループワーク> 1600 1700

「住み慣れた南区で生活を継続するために、南区で不足しているものは何か」

~南区で地域包括ケアシステムを構築していくために~

   

4.申 込 み   裏面にて9月11日(金曜)までにお申し込み下さい

 

5.定  員   会場の関係で、130名になり次第締め切らせていただきます。

参加できない方には連絡させていただきますので、ご了承ください。

6.そ の 他  学習会は参加費無料ですが、会終了後に予定しております懇親会に参加希望

の方は、会費4,500円をご持参下さい。

7.後   援 新潟市(予定)新潟県医師会(予定)新潟市医師会(予定)新潟県歯科医師会(予定)

新潟県薬剤師会(予定)新潟県看護協会(予定)新潟県理学療法士会(予定)

新潟県作業療法士会(予定)新潟県介護福祉士会(予定)新潟県社会福祉士会(予定)

新潟県精神保健福祉士協会(予定)新潟県医療ソーシャルワーカー協会(予定)

新潟県老人福祉施設協会(予定)新潟県介護支援専門員協会(予定)

 
  角丸四角形: 【問い合わせ先】 事務局 白根健生病院 地域連携支援室          電話 372-2191

 


FAX送信書

新潟市地域包括支援センターあじかた 行き FAX 372-5125

送付文不要です。このままお送り下さい。         月11日(金曜)締め切り

 

在宅医療推進のための多職種連携研修会in南区Part

学習会参加申込書

 

所属機関名

 

連絡先(

 

氏  名

職  種

懇親会出席(〇×)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

       

 

9/19土曜日 南区保健福祉のつながりを深める会学習会Part3が開催されます

今回の内容はまだヒミツですが、サルナート吉運堂で開催します。
新潟市が考える地域包括ケアシステム構築を基調講演として、児童・障がい・医療・生活困窮のシンポジストを招いて、シンポジウム&グループワークを開催する予定です。シルバーウィークの初日でございますが、皆様、予定を空けておいて下さいませ。 

170名の参加が見込まれます

定員を大幅に超えた今回の多職種連携研修会in南区Part2は明日、連携力をKeywordにサルナート吉運堂で開催されます。
参加予定の方々は、お気を付けておいでくださいませ。 

第9回 学習会 会場はサルナート吉運堂に変更します

~在宅医療推進のための多職種連携研修会in南区Part2~

第9回 南区保健医療福祉のつながりを深める学習会はサルナート吉運堂に変更になります。参加希望の方はご承知おきくださいませ。

平成26年度 新潟市在宅医療ネットワーク研修会in南区

来る9/6土曜 南区白根カルチャーセンターにおいて「認知症になっても笑顔で暮らしたい」と題して、認知症の人と家族の会 新潟県支部 代表の金子さんから講演をいただきます。

第二部として、総合リハビリセンターみどり病院 院長 成瀬聡さんから「新潟市における認知症地域連携」と題する講演をいただきます。

当事者の声と、医学的な側面から認知症を正しく学ぶ絶好の機会です。

是非、ご参加くださいませ。

2014年2月22日 多職種連携プレ研修会in南区

~在宅医療推進のための多職種連携研修会in南区~

第7回 南区保健医療福祉のつながりを深める学習会のご案内

 

108名の参加を頂き、無事終了いたしました。ご参加頂いた方々、ありがとうございました。